HOME >  取扱案件解説 >  IT・システム開発・ソフトウェア >  IT法務・ソフトウェア法務・システム開発法務の解説

IT法務・ソフトウェア法務・システム開発法務の解説

以下の検索ボックスを利用して、IT法務関連のページから検索できます。

本稿では、弊所の得意分野・強みである、IT・システム開発・ソフトウェア・インターネットに絡む法律や実務について解説します。

システム開発委託契約の解説

システム開発契約のポイント

 システム開発契約書作成の必要性、契約のポイントと主要条項について概観します。

システム開発契約のスタイル・形式

 システム開発における契約書のスタイルと形式についてご説明します。

システム開発委託契約と収入印紙

 システム開発委託契約を中心に、印紙貼付の要否と金額、その他の問題についてご説明します。

開発対象の特定・明確化

 システム開発委託契約の主要な条項の一つである、「開発対象の特定・明確化」についてご説明します。

成果物の納品・検査

 システム開発契約の主要な条項の一つである「納品物の納入」と「納品物の検査」に関する条項についてご説明します

所有権・危険負担

 システム開発契約における主要な条項の一つである「成果物の所有権の移転・危険負担」についてご説明します。

瑕疵担保責任・成果物の保証

 システム開発契約における主要な条項の一つである「瑕疵担保責任・保証」についてご説明します。

著作権の帰属・移転の問題点

 システム開発委託契約において交渉が難航しやすい、成果物の著作権の帰属の規定について解説します。

再委託に関する規定

 システム開発契約における主要な条項の一つである「再委託」について、規定の定め方・ベンダ側とユーザ側からの留意点ご説明します。

システム開発に関連した法律問題・係争

システム開発契約における「請負」と「準委任」

 システム開発委託契約においては、「請負」と「準委任」があると言われています。それぞれの意味と具体的な相違をご説明します。

RFP・提案書と法律

 システム開発において契約前の交渉の段階でやりとりされることのあるRFP・提案書をめぐる法律関係についてご説明します。

請負・委託と派遣の区別

 受託開発の場合に、自社の開発要員を客先に常駐させて開発を行う場合があります。この場合に問題となるのは、「偽装請負」と判断されるリスクです。ここでは「請負・委託」と「派遣」の区別についての基本的な考え方をご説明します。

システムの完成・未完成

 システム開発を巡る紛争において問題となりうる「完成」「未完成」の判断に関する実務について解説します。

納入後の不具合・瑕疵

 納入したシステムの不具合が法律上の「瑕疵」に該当する場合、「瑕疵担保責任」という責任の有無が問題となります。システムに瑕疵がある場合に発注者(ユーザ)が行える請求・措置について解説します。

開発遅延と解除・損害賠償

システム開発が遅延した場合に生じうる契約解除・損害賠償の問題についてご説明します。

再下請・再委託

 システム開発において実務上頻繁に見られる再委託・再請負に関する法律上の諸論点について解説します。

レベニューシェア契約の解説

レベニューシェア契約の概要と主要条項

 多く活用されるようになっている「レベニューシェア」について、契約の概要と主要条項について解説します。

ソフトウェアに関する契約・ライセンスについての諸問題

ソフトウェア使用許諾契約の主要条項とポイント

 ソフトウェア使用許諾契約のポイントとなる主要な規定についてご説明します。

ソフトウェアOEM契約の主要条項

 ソフトウェアOEM契約のポイントとなる主要な規定についてご説明します。

システム保守契約の作成・締結の留意点

 ソフトウェアやシステムの保守契約のポイント・留意点について説明します。

オープンソースの概要

 オープンソースの基本的な考え方、無数にあるOSSライセンスの分類別の特徴についてご説明します。

ネット上のITサービスに絡む法律問題

ITサービス利用規約作成上の留意点

 ネット上のITサービスの運営において必須のツールともいえる利用規約の作成や法的効力に関する留意点についてご説明します。

ECサイトと電子消費者契約法

 インターネット通販の普及につれて増えてきた新たな消費者トラブルを踏まえた法律の概要と留意点をご説明します。



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。

学術的で難解な判例の評論は極力避け、分かりやすさと実践性に主眼を置いています。経営者、企業の法務担当者、知財担当者、管理部署の社員が知っておくべき知的財産とビジネスに必要な法律知識を少しずつ吸収することができます。 主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


IT・ソフトウェア メニュー

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.