HOME >  事務所紹介・特色・強み >  業種別弁護士業務解説~人材派遣業・人材紹介事業

業種別弁護士業務解説~人材派遣業・人材紹介事業

 弊所が顧問弁護士として、また他の形でリーガルサービスを提供するクライアントには、人材派遣事業(労働者派遣業)その他人材関連連企業が少なからず含まれており、こうした企業が持つ法的問題については豊富な経験があります。

 ここでは、弊所がこうした事業者に対し、それぞれの場面で、どのようなリーガルサービスを提供してきたかご説明します。

サービスに関連した契約・規約の作成

労働者派遣業関連の契約
  • 労働者派遣基本契約書
  • 労働者派遣個別契約書
  • 紹介予定派遣個別契約書
  • 派遣先通知書
  • 金銭取扱に関する覚書
  • 派遣労働者の秘密保持誓約書
  • 秘密保持契約書
有料職業紹介事業関連の契約
  • 人材紹介基本契約書
  • 人材紹介個別契約書
  • 人事コンサルティング契約書
  • 秘密保持契約書
ネットワーク・ウェブサービスに関する規約
  • 求人サイトの利用規約
  • 求職者向けウェブサービスの利用規約
  • プライバシーポリシー

事業運営上の相談等

取引先との交渉・事業運用についての相談
  • 労働者派遣契約について顧客から特定の条項の修正要望があった。応じてよいか、代替案を提案すべきか相談したい
  • 派遣先から、派遣スタッフの海外出張をさせたいと申し入れがあった。どのように対応すべきか相談したい
  • 派遣先から、派遣労働者に事前に健康診断を受けてもらい、その結果次第では受入れができないと言われているが、法律に抵触するのではないか。どのように対応すべきか相談したい
取引先とのトラブル・事故についての相談
  • 自社が派遣する派遣社員が派遣先の機器を破損してしまった。全額の賠償を求められているが、派遣先についても相当に落ち度があると思う。対応を相談したい
  • 人材紹介契約の結果入社した労働者が退職してしまった。紹介先企業から返金規定に基づき返金を求められているが、紹介先企業に落ち度があると思っている。対応を相談したい
  • 取引先(派遣先)が派遣料金を支払わず、不良債権化しつつある。対応を相談したい
  • 取引先(派遣先)の代理人弁護士が債務を整理する旨の通知を自社に送付してきた。対応を相談したい
  • 取引先(派遣先)が業務停止を受けた。派遣契約を解除したり、債権を早期に回収するなどの対応を相談したい
その他の人材事業運営上の相談等
  • 求人広告の表現に法律上の問題がないか検討したい
  • 求人サイト内の表現に、男女雇用機会均等法などの法律上の問題がないか検討したい
  • 自社に登録していた派遣労働者が、自社についての誹謗中傷をインターネットに書き込んでいる。削除その他の措置ができないか相談したい

英文関連

  • 派遣先の会社が外資系であり、労働者派遣契約の英文版の提供を要求されている。英文版を作成してほしい
  • 自社は外資系日本法人であり、株主総会議事録や取締役会議事録について英文版の作成が必要である。英文版を作成してほしい
  • 海外進出のため、現地法人を設立したい。外国弁護士との連携なども含め作業をしてほしい
  • 投資目的で海外の会社に共同出資する。株主間契約の提示を受けているが、チェックしてほしい

会社運営・労務・その他

M&A・事業再編・投資
  • 他社を買収したいと考えている。最適な方法・スキームについて相談したい
  • 他社を買収したいと考えている。法務デュー・デリジェンスを実施してほしい
  • 他社と合弁会社を設立したい。合弁会社の設立の手続をお願いしたい
  • 投資目的で他社に出資し、株式を保有する予定である。出資契約書を作成したい。
  • 投資目的で他者と共同出資する。自社の権利をしっかりと確保するための株主間契約を締結したい
労働・雇用
  • ある労働者に問題がある。最終的には解雇も視野に入れているが、すぐに解雇ができるのかアドバイスがほしい
  • ある労働者を、特殊な雇用形態で雇用したい。どのような形がよいかアドバイスがほしい
  • 設立時から就業規則を変更していないが、いろいろと現状の問題に対応できなくなってきた。変更したい
  • 雇用契約書を作成したい。または変更したい
  • ある労働者から、残業代の請求を受けてしまった。対応法についてアドバイスがほしい
会社の危機に関して
  • 近い将来資金繰りが立ちゆかなくおそれがある。回避するために努力しているが、万一の場合に会社を再建する法的手段について知っておきたい
  • 近い将来資金繰りが立ちゆかなくおそれがあり、金融機関とのリスケの交渉をしたい。そのためのアドバイスがほしい

法律相談等のご案内

弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。

学術的で難解な判例の評論は極力避け、分かりやすさと実践性に主眼を置いています。経営者、企業の法務担当者、知財担当者、管理部署の社員が知っておくべき知的財産とビジネスに必要な法律知識を少しずつ吸収することができます。 主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

Copyright(c) 2016 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.