HOME >  弁護士費用

弁護士費用

はじめに

 弁護士費用は、これまでは各弁護士会で「報酬規定」を定め、標準となる報酬額を定めていましたが、平成16年4月1日より報酬規定が廃止され、各弁護士が原則として依頼者との間で自由に報酬額を決定できることになりました。

 本ページでは、弊所の弁護士費用(弁護士料金)の概要をご説明します。

弁護士費用の概要

 法律相談の場合

 初回法律相談料:  最初の30分  無料
           30分~1時間  5400円

 詳細はここをクリックしてください。

契約書作成・点検案件の場合

 日本語の契約書、英文契約書を問わず、契約書作成・契約書リーガルチェックの料金は、作成対象の契約書の字数(日本語)又は語数(英文)に応じて算定しており、事前のお見積も可能です。作成の場合の費用の目安は、おおよそ以下のとおりです。

契約書作成 日本語の場合
字数 料金(税別) 備考
5000字 92,000円 ややシンプルな内容
6000字 106,000円 標準的な内容
7000字 120,000円 やや詳しめな内容

 

契約書作成 英文の場合
語数 料金(税別) 備考
3000語 190,000円 ややシンプルな内容
4000語 250,000円 やや少なめの標準的な分量
5000語 310,000円 標準的な分量

 また、契約書のリーガルチェック・レビューについては、弁護士費用オンライン自動見積から、オンラインで即座に費用の目安を知ることができます。ご利用ください。

 英文契約書翻訳・英語法律文書和訳の場合

 英文契約書翻訳・英語法律文書和訳については、原則として原文の語数に基づく算定としております。費用の目安はおおよそ以下のとおりです。

英文契約書 和訳の場合
語数 料金(税別) 備考
3000語 75,000円 ややシンプルな内容
4000語 90,000円 やや少なめの標準的な分量
5000語 105,000円 標準的な分量

 また、契約書の翻訳については、弁護士費用オンライン自動見積から、オンラインで即座に費用の目安を知ることができます。ご利用ください。

 リーガルリサーチ・法律調査・鑑定・デューデリジェンスの場合

 リーガルリサーチ・法律調査案件については、タイムチャージ(時間制料金)又は定額料金のいずれかで承ります。費用の目安については、ご相談内容・事案によって異なりますので、まずはご相談ください。弊所弁護士よりお見積をお出しいたします。なお、おおよその目安は以下のとおりです。

内容 費用(税別) 備考
リーガルリサーチ 100,000円~500,000円 業務量と難易度によります
特許侵害鑑定 150,000円~500,000円 権利の数、対象製品の数、包袋検討の要否、その他の要素によります
中小企業のM&Aに絡むリーガル・デューデリジェンス 600,000円~2,000,000円 対象となる会社の規模・M&Aのスキーム・調査の範囲によります

訴訟・調停・交渉案件の場合

報酬体系のアウトライン

 この場合の弁護士費用は、手数料と報酬とに分けられます。その他、実費は別途頂戴するとともに、場合によっては日当の支払が必要となる場合があります。また、依頼者のご都合によっては、タイムチャージ(時間制料金)でお受けすることもできます。

  • 手数料(*1)・・・・事件処理の開始の前に支払う費用、又は執務時間に応じて支払う費用
  • 報酬(*2)・・・・・事件処理終了後、事件処理の結果に応じて支払う報酬。着手金とは別に発生します。
  • 実費・・・・・交通費、裁判所に納める手数料、郵便料金、鑑定費用(事件によっては必要)等の実費
  • 日当・・・・・事務所外かつ遠方で執務する場合に半日又は一日単位で支払う

(*1) 手数料は、原則として事件着手前に一括で申し受けます。ただし、着手金が一定以上の金額の場合には、着手時に低額の初期費用をいただき、事件終了まで月額の手数料をいただく方法とすることもできます。
(*2) 報酬は、金銭的利益として算定できない成果については、着手金の100~200%に相当する金額、金銭的利益として算定できる成果については、原則として金銭的利益の6%~20%の間です。この割合は、事件の種類・事件の難易度・金銭的利益の金額によって異なります。

手数料の目安(税別)
案件 料金(税別) 備考
一般民事訴訟 300,000円より 案件の複雑性・争点の内容による
特殊民事訴訟 500,000円より 特殊案件とは主として以下のものをいいます。
  システム開発・ソフトウェアに関する紛争
  独占禁止法関連の争点が関係する場合
  労働事件
  争点に科学技術・技術的争点が関係する場合
  争点に渉外的要素、英文の証拠が関係する場合
  会社法上の複雑な争点が関係する場合
  製造物責任事件
  その他争点が複雑多岐にわたる場合
知的財産事件 500,000円より 権利の内容・数・侵害疑義製品の数・争点の複雑性等によります
報酬の目安(税別)
案件 料金(税別) 備考
一般民事訴訟 経済的利益の6~16% 料率は経済的利益の金額によります
特殊民事訴訟 金銭的利益の6~16%
非金銭的利益については、手数料と同額
特殊案件とは主として以下のものをいいます。
  システム開発・ソフトウェアに関する紛争
  独占禁止法関連の争点が関係する場合
  労働事件
  争点に科学技術・技術的争点が関係する場合
  争点に渉外的要素、英文の証拠が関係する場合
  会社法上の複雑な争点が関係する場合
  製造物責任事件
  その他争点が複雑多岐にわたる場合
知的財産事件 金銭的利益の9~20%
非金銭的利益については、手数料と同額
料率は経済的利益の金額によります

弁護士費用は納得いくまでお尋ねください

これから依頼するかもしれない弁護士に対してお金のことを面と向かって聞くのは気が引けるという気持ちを持たれる方もおられるかもしれません。しかし、弁護士は弁護士報酬等について十分に説明しなければならないものとされていますから、十分に説明を求めることができます。

なお、当事務所では、尋ねられなくとも、見込まれるすべての費用を、事前に明確に説明します。詳しくは、執務方針をクリックしてご覧ください。

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.