HOME >  取扱案件解説 >  取扱案件詳細~不正競争防止法 >  目次 ポイント解説不正競争防止法

目次 ポイント解説不正競争防止法

I 不正競争防止法の概要

不正競争防止法とは

不正競争防止法とはどんな法律かについて解説します。

不正競争行為の概要

不正競争防止法に定める不正競争行為について俯瞰します。

不正競争行為への是正方法の概要

不正競争行為に対する是正方法の概要について解説します。

不正競争行為の適用除外

不正競争行為の適用除外について俯瞰します。

II 各不正競争行為の解説(主なもの)

周知表示混同惹起行為(2条1項1号)

不正競争防止法2条1項1号が定める、周知表示混同惹起行為をめぐる諸問題について解説します。

著名表示冒用行為(2号)

不正競争防止法2条1項2号が定める、著名表示冒用行為をめぐる諸問題について解説します。

商品形態模倣行為(3号)

不正競争防止法2条1項3号が定める、商品形態模倣行為をめぐる諸問題について解説します。

営業秘密不正取得・利用行為等(4から9号)

不正競争防止法2条1項4号から9号が定める、営業秘密不正取得・利用行為等をめぐる諸問題について解説します。

ドメイン名不正取得・使用等(13号)

不正競争防止法2条1項13号が定める、ドメイン名の不正取得や使用をめぐる諸問題について解説します。

品質等誤認惹起行為(14号)

不正競争防止法2条1項14号が定める、品質や原産地などについて誤認を惹起する行為をめぐる諸問題について解説します。



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、国際法、企業取引、金融法等を取り上げます。

学術的で難解な判例の評論は極力避け、分かりやすさと実践性に主眼を置いています。経営者、企業の法務担当者、知財担当者、管理部署の社員が知っておくべき知的財産とビジネスに必要な法律知識を少しずつ吸収することができます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.