不正競争防止法の概要

不正競争防止法とは

 不正競争防止法とは、事業者間において正当な営業活動を遵守させることにより、適正な競争を確保するための法律です。不正競争防止法は、公正な競争を阻害する一定の行為を禁止することによって、適正な競争を確保し、公正な市場を確保しようとしています。

不正競争行為の概要

 不正競争防止法によって禁止される行為をざっと挙げると、以下のとおりです。

周知表示に対する混同惹起行為(2条1項1号)

 広く知られた商品表示によく似た表示、類似表示を使用した商品を作り、売るなどして、市場において混同を生じさせる行為です

著名表示冒用行為(2条1項2号)

 他人の著名な商品表示を、自己の商品表示として使用する行為です。この場合、1号の場合と異なり、混同が生じなくとも違法となります。

商品形態模倣行為(2条1項3号)

 他人の商品の形態を模倣した商品を販売したりする行為です。

営業秘密不正取得・利用行為等(2条1項4号から10号)

 営業秘密を盗んだり、悪用したり、盗ませたりする行為です。なお、詳しくは後に述べるとおり、「秘密」といえるためには一定の要件があります。

技術的制限手段に対する不正競争行為(2条1項11号、12号)

デジタルコンテンツのコピー管理技術、アクセス管理技術を無効にすることを目的とする機器やプログラムを提供する行為です(技術的制限手段の試験又は研究のために用いられる場合を除きます)。

不正にドメインを使用する行為(2条1項13号)

不正の利益を得る目的または他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等表示と同一または類似のドメイン名を使用する権利を取得・保有し、又はそのドメイン名を使用する行為をいいます。

品質内容等 誤認惹起行為(2条1項14号)

商品の原産地、品質、製造方法等について、誤認させるような表示をしたりする行為です。

信用毀損行為(2条1項15号)

競争関係に者の信用を害する虚偽の事実を告知し、又は、流布する行為です。

代理表示等冒用行為(2条1項16号)

代理権や販売権が消滅したにもかかわらず、総代理店、特約店等と言った表示を承諾なく継続して使用する行為などです。

不正競争行為に対する是正方法の概要

 不正競争防止法は、不正競争行為に対して、以下のような是正方法を定めています。
 

差止請求(3条1項)

 不正競争行為によって営業上の利益を侵害される(おそれのある)者が、侵害の停止又は予防を請求することができます(不正競争防止法3条1項[条文表示])。

廃棄除去請求(3条2項)

 侵害行為を構成した物、侵害行為によって生じた物の廃棄、侵害行為に供した設備の除却を請求することができます(不正競争防止法3条2項[条文表示])。

信用回復措置(14条)

 営業上の信用を害された者は、侵害した者に対して、信用の回復に必要な措置を取らせることができます(不正競争防止法14条[条文表示])。謝罪広告とか、取引先に対して謝罪文を発送させるなどの方法が考えられます。

損害賠償請求(4条)

 故意又は過失により不正競争を行って他人の営業上の利益を侵害した者は損害賠償の責任を負います(不正競争防止法4条[条文表示])。また、不競法5条は、損害額の推定の規定を定め、損害額の立証の困難性を緩和しています。例えば、その侵害者が侵害行為により利益を受けた額を損害額を推定するなどの規定を置いています。

不正競争行為の適用除外

以下のような場合は、不正競争行為に該当しないとされています。

普通名称・慣用表示の使用

 商品(あるいは営業)につき、その商品(営業)の普通名称、又は、同一あるいは類似の商品(営業)について慣用されている商品等表示を普通に用いられる方法で使用し、又は、そのような表示を使用した商品を譲渡したりする場合には、1号、2号、14号、16号の不正競争行為にはなりません(不正競争防止法19条1項1号)。

自己氏名の使用

 また、自己の氏名を不正の目的でなく使用するような場合も、1号、2号、16号の不正競争行為にはなりません(不正競争防止法19条1項2号)。

先使用

 他人の商品等表示が需要者の間に広く認識される前からその商品等表示と同一・類似の商品等表示を使用する行為等については、2条1項1号の不正競争行為とはなりません(不正競争防止法19条1項3号)。なお、かかる先使用の主張に対しては、権利の侵害を受けたと主張する者は、先使用者に対し、混同防止表示を付加するように請求することができます。
また、他人の商品等表示が著名になる前からその商品等表示と同一・類似の商品等表示を使用する行為等については、2条1項2号の不正競争行為とはなりません(不正競争防止法19条1項4号)。

形態模倣商品の善意取得者

 他人の商品の形態を模倣した商品を譲り受けた者(その譲り受けた時にその商品が他人の商品の形態を模倣した商品であることを知らず、かつ、知らないことにつき重大な過失がない者に限る。)がその商品を譲渡等を行う行為は、2条1項3号の不正競争行為とはなりません(不正競争防止法19条1項5号ロ)。

営業秘密に関する例外

 取引によって営業秘密を取得した者(その取得した時にその営業秘密について不正開示行為であること又はその営業秘密について不正取得行為若しくは不正開示行為が介在したことを知らず、かつ、知らないことにつき重大な過失がない者に限る。)がその取引によって取得した権原の範囲内においてその営業秘密を使用し、又は開示する行為は、4号~9号の営業秘密に関する不正競争行為とはなりません(不正競争防止法19条1項6号)。



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、国際法、企業取引、金融法等を取り上げます。

学術的で難解な判例の評論は極力避け、分かりやすさと実践性に主眼を置いています。経営者、企業の法務担当者、知財担当者、管理部署の社員が知っておくべき知的財産とビジネスに必要な法律知識を少しずつ吸収することができます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.