英文契約条項 Counterparts(副本)

  英文契約書に頻繁に登場する一般条項(General Provisions)として、”Counterparts(副本)”があります。典型例としては以下のようなものです。

This Agreement may be executed in one or more counterparts, each of which shall be deemed an original, but all of which together shall constitute one and the same instrument.

 本契約は、1個又は複数の副本で締結することができる。各々の副本は、原本とみなされるが、当該副本全ては、1個の、かつ同一の文書を構成する。

 もっとも、英文契約書であっても、通常は、当事者の数に相当する数の契約書を作成し、それぞれの契約書に当事者全員が署名し、各当事者が1通ずつ保管するというのが通常です。

 なお、国をまたいだ契約では、契約の締結にあたり、郵送や直接の会合によらず、Emailやファクシミリのやりとりで締結することも珍しくありません。

 このような場合、英文契約書においても、「本契約書は,各自が署名した文書を、PDFにしてEmailに添付することによって、又はファクシミリの送受信によっても締結することができる。」という旨の規定を含めたりします。以下のような感じです。

This Agreement may be executed in two counterparts and may be transmitted by email to which a pdf copy is attached or by facsimile, each of which shall be deemed an original and which together shall constitute one instrument.



契約法務 弁護士費用自動見積のご案内


 弊所の弁護士費用のうち、以下のものについては、オンラインで自動的に費用の目安を知ることができます。どうぞご利用ください。

弁護士費用オンライン自動見積ページに移動する

  • 英文契約・和文契約のチェック・レビュー
  • 英文契約・和文契約の翻訳(和訳、英訳)


メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


Copyright(c) 2015 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.