英文契約の一般条項~Entire Agreement(完全合意条項)

 英文契約書に頻繁に登場する一般条項(General Provisions)として、”Entire Agreement(完全合意)”があります。典型例としては以下のようなものです。

This Agreement sets forth the entire agreement between the parties hereto as to the subject matter herein, and shall supersede and replace any prior undertaking, understanding and agreements, whether written or oral.

 本契約は、本契約の主題に関する当事者間のすべての合意を定めたものであり、書面か口頭かを問わず、従前の一切の約束、理解、及び合意に優先し、これらに取って代わるものである。

この規定は、契約日以前に、契約事項と同じ事項について、口頭や書面で何らかの理解や合意があったとしても、すべてその契約が取って代わり、従前の理解などはすべて失効するため、当該契約以外には法的拘束力のある合意は存在しない、ということを確認するものです。

 こうした規定で「契約書ではこう書いてあるが、あのときに自分はあなたとこういう合意をしたではないか」といった主張や、「契約書では確かに不保証と書いてあるが、商談では、営業の●●氏はきちんと保証すると言った」といった主張を封じることができるわけです。



契約法務 弁護士費用自動見積のご案内


 弊所の弁護士費用のうち、以下のものについては、オンラインで自動的に費用の目安を知ることができます。どうぞご利用ください。

弁護士費用オンライン自動見積ページに移動する

  • 英文契約・和文契約のチェック・レビュー
  • 英文契約・和文契約の翻訳(和訳、英訳)


メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

Copyright(c) 2015 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.