HOME >  取扱案件解説 >  取扱案件詳細~特許法 >  ポイント解説~特許法 目次

ポイント解説~特許法 目次

以下の検索ボックスを利用して、特許法関連のページから検索できます。

1 特許の実体的要件

特許の実体的要件

「発明」「発明者」の意味や、特許が登録されるために発明が備えるべき要件について解説します。

「発明」の意味

特許登録が可能な特許法上の「発明」の意味について解説します。

ビジネスモデル特許

いわゆる「ビジネスモデル特許」とは何かについて解説します。

「発明者」の意味

特許法上の発明をなしたといえる「発明者」の意味について解説します。

発明の新規性

発明の登録要件の一つである「新規性」の意味と判断基準について解説します。

発明の進歩性

発明の登録要件の一つであり、実務上最も多く問題となりうる難しい要件の一つである「進歩性」の意味と判断基準について解説します。

2 明細書記載要件

特許の登録要件のうち、明細書の記載に要求される要件(主なもの)について解説します。

明細書記載要件の概要・明確性要件

明細書記載要件の概要と、明確性の要件について解説します。

サポート要件

明細書記載要件のうち、サポート要件について解説します。

実施可能要件

明細書記載要件のうち、実施可能要件について解説します。

3 特許出願・登録

出願後の流れ

特許出願後の手続の流れについて解説します。

外国での特許登録

日本だけでなく、外国で特許を取りたいという場合の方法について解説します。

拒絶理由通知・拒絶査定への対応

出願した特許について拒絶理由通知又は拒絶査定を受けました。どのように対応すべきでしょうか。

他者特許への異議

ライバル会社が登録を受けた特許について、異議を述べる方法があるでしょうか。

特許異議制度

他社が登録を受けた特許について異議を述べる方法の一つとしての「特許異議」について解説します。

4 特許侵害・係争手続

他社からの特許侵害主張への対応

対応の概要・手順

他社から、自社商品について「特許侵害」であると言われました。その場合の対応法の概要について解説します。

他社特許の無効化

他社から受けた特許侵害の主張に対する対抗手段として、当該特許を無効化したり、無効であると反論する方法の概要について解説します。

特許無効審判

他社の特許を無効化する手段の一つである特許無効審判について解説します。

自社特許を他者が侵害する場合

他社が自社の特許と抵触する製品を製造販売したり、その他特許侵害の行為を行っていると疑われる場合の対応法について解説します。

自社特許の他社による侵害についての調査の方法

他社の製品などが自社の特許権を侵害しているか否かを調査する方法について説明します。

権利行使の判断と方法

他社の製品などが自社特許権を侵害している可能性が高いと判断される場合に、権利行使をするか否かを判断するにあたり考えるべき要素があります。ここではこの点について説明するとともに、権利行使の方法のアウトラインをご説明します。

特許侵害裁判~侵害訴訟と仮処分

特許侵害をめぐる裁判である侵害訴訟・仮処分の概要、手続の選択、流れ、実務上の留意点等を解説します。

侵害訴訟と仮処分の概要

特許侵害をめぐる裁判である侵害訴訟・仮処分の概要、手続の選択について解説します。

特許侵害と損害賠償の考え方

特許権者は、特許侵害行為によって自己が被った損害の賠償を求めることができるところ、特許法が定める損害算定の特別な規定について解説します。

特許侵害訴訟の概要と流れ

特許侵害をめぐる裁判のうち、侵害訴訟の概要、手続の流れ・プロセスについて解説します。

5 特許侵害についての法律解説

IV.1 特許侵害の成否

特許侵害の考え方(概要)

特許侵害はどのような場合に成立するのか、その概要と判断手法を解説します。

特許侵害の要件~「業として」「特許発明」の意義

特許侵害が成立するために必要な要件である「業として」と「特許発明」の意義について解説します。

特許侵害の要件~特許の実施行為の意義

特許侵害が成立するために必要な要件である「実施行為」の意義について解説します。

特許侵害の要件~「権原」をめぐる諸問題

特許侵害の成立に関係した要件である「権原」をめぐる諸問題について解説します。

特許侵害をめぐる諸問題~特許クレームの解釈

特許侵害の争いで争点となることの多い、特許クレーム(特許請求の範囲)の解釈の方法について解説します。

特許侵害をめぐる諸問題~間接侵害

侵害品を構成する部品等の製造が「間接侵害」として特許侵害を問われることがあります。ここでは、こうした「間接侵害」について解説します。

特許侵害をめぐる諸問題~均等侵害

特許侵害の争いで争点となることの多い、均等侵害(均等論)について解説します。

IV.2 特許侵害主張への抗弁

先使用権

他社の特許権行使に対する対抗手段の一つである先使用による実施権について解説します。

特許侵害をめぐる諸問題~「試験又は研究」の例外

特許権の効力は、試験又は研究のためにする特許発明の実施には及ばないとされています。ここではそのような「試験研究」の意義と関連する諸問題について解説します。

消尽論と並行輸入

特許権が「消尽」するとは何を意味するのか、また並行輸入が特許侵害とならない場合を解説します。

6 特許関連契約の実務

特許ライセンス契約

特許ライセンスの活用

特許ライセンスの活用の場面・目的と注意点について解説します。

ライセンス交渉での検討事項

ライセンス契約交渉における交渉内容・確認内容のうち主なものについて解説します。

独禁法上の留意点(工事中)

ライセンス契約の様々な場面で問題となりうる独占禁止法との関係について実務上の観点から解説します。

クロスライセンス(工事中)

ライセンス契約の一類型たるクロスライセンスの実務上の留意点について解説します。

特許プール関連契約

特許ライセンスと関連のある特許プールをめぐる法的問題について解説します。

共同出願契約(工事中)

複数の当事者間で特許を共同で出願する場合に交わされる契約に関する実務上の留意点について解説します。

特許譲渡契約(工事中)

特許を譲渡する場合に交わされる契約に関する実務上の留意点について解説します。



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


特許法 メニュー

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.