Home » 顧問契約のための無料面談申込

顧問契約のための無料面談申込

面談お申込の方法

ご面談の趣旨

 顧問弁護士契約のための面談申込方法は、1 電話 2 申込フォーム 3 メール のいずれかでお申し込み可能です。

 どの場合でも、お申し込みをいただいた後、原則として、一度弊所において御社のご担当者と弊所代表弁護士が面談し、最終的に契約の可否、条件を相談いたします。

 ただし、法人側で関係者が多数おられる・決定権限のある役員が同席するなどの理由で御社の事務所での面談が便宜である場合で、かつ、Cコース(月額10万円)以上の顧問弁護士契約をご検討の法人については、お申出によって弊所弁護士によるご訪問を検討いたします。

 なお、お申し込み、面談は、いずれも、契約の成否を問わず、初めての方に限り1時間まで無料です。また、面談の結果、弁護士と相性が合わないなど、理由を問わず、顧問弁護士契約を締結しないことも自由です。

資料請求も可能

 なお、面談申込の前に、まずは資料をじっくり検討したい(あるいは社内説明用に資料がほしい)というニーズに応え、資料をPDFでお送りします。こちらのページから、どうぞご利用ください。

お電話でのお申込

 以下のいずれかの番号にご予約のお電話をお願いいたします。

横浜 045-276-1394  新宿 03-6388-9679

 電話でのお申し込みの場合、以下の事項をお尋ねすることがございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • 商号・屋号
  • 業種・事業内容
  • 連絡先電話番号(平日の日中連絡がつくところ)
  • 連絡先ご担当者
  • E-mailアドレス
  • 弊所からの連絡方法のご希望(電話のみ、メールのみ、又はどちらでも)
  • 検討しているコース
  • 面談希望場所(新宿事務所・横浜事務所いずれかを挙げてください。いずれでもよい場合にはその旨ご記入ください)

お申込フォームでのお申込

下記申込フォームで申し込むこともできます。

■お名前、商号 (必須)
  

■職業、業種 (必須)
  

■電話番号 (必須) 平日の日中連絡が取れる番号
  

■ご担当者名 (必須)
  

■メールアドレス (必須)
  

■弊所からの連絡方法
  
  【ご注意】 弊所からはご指定の連絡方法によってご連絡しますが、電話番号または
   メールアドレス誤記等の理由から、ご指定以外の連絡方法によってご連絡差し上げ
   ることもあります。あらかじめご了承ください。

■事業内容 (必須)
  

■検討しているコース (必須)
  

■面談希望日時(必須)
  (必ず3以上の候補日をご記載ください。同一の日の別時間帯を3個挙げるのではなく、
   候補日は別々の日をご指定ください。)

 第1希望 (必須)
  希望日: 
 
  時間帯:  
 第2希望 (必須)
  希望日: 
 
  時間帯:  
 第3希望 (必須)
  希望日: 
 
  時間帯:  

■面談場所のご希望(必須)
  

■お尋ねしたい内容・備考
  

■クイズ(必須)
 これは、コンピュータプログラムがこの入力フォームから機械的に送信することを
 防ぐための項目です。ご協力をお願いいたします。
 日本一高い山は? 

 申込フォームをご利用の場合、原則として、翌営業日までに、メールで返答いたします。ただし、土日祝日年末年始を除きます。また、弁護士の長期出張等のすぐに返事ができない場合がありますので、申込メールを送られてから、土日祝日年末年始を除き2日経過しても返答がない場合は、お手数ですがお電話で再度お問い合わせください。

 なお、個人情報の記載をお願いするのは、弁護士には「双方代理の禁止」の原則があり、万一でも事件の相手方又はその関係者から相談を受けたり事件を受けたりすることがないためです。弁護士には厳格な守秘義務がありますから、いただいた情報を第三者に漏らしたり、他の目的に使用することはありません。このサイトは、SSL技術を使用したセキュリティ保護がされており、すべて暗号化して送信されます。

メールでのお申込

 メール(info@ishioroshi.com
でお問い合わせ、またはお申込もできます。この場合、メール本文に以下の必要事項を漏れなくご記入ください。メールの場合も、原則として、午後3時までにいただいたものは当日中に、午後3時以降いただいたものは、翌日午前中までに、メールで返答いたします。ただし、土日祝日年末年始を除きます。また、弁護士の長期出張等のすぐに返事ができない場合がありますので、申込メールを送られてから、土日祝日年末年始を除き2日経過しても返答がない場合は、お手数ですがお電話で再度お問い合わせください。なお、個人情報の記載をお願いするのは、弁護士には「双方代理の禁止」の原則があり、万一でも事件の相手方又はその関係者から相談を受けたり事件を受けたりすることがないためです。弁護士には厳格な守秘義務がありますから、いただいた情報を第三者に漏らしたり、他の目的に使用することはありません。

ここ(info@ishioroshi.com
をクリックすると、必要事項が記載されたメール下書きが現れます。

  • 商号・屋号
  • 業種・事業内容
  • 連絡先電話番号(平日の日中連絡がつくところ)
  • 連絡先ご担当者
  • E-mailアドレス
  • 弊所からの連絡方法のご希望(電話のみ、メールのみ、又はどちらでも)
  • 検討しているコース
  • 面談希望場所(新宿事務所・横浜事務所いずれかを挙げてください。いずれでもよい場合にはその旨ご記入ください)

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.