英文契約条項 Assignment(譲渡禁止)

 

  英文契約書に頻繁に登場する一般条項として、”No Assignment(譲渡禁止規定)”があります。典型例としては以下のようなものです。

This Agreement or any part thereof may not be assigned or transferred by either party without prior written consent of the other party. Any assignment or transfer without such consent shall be null and void.

 本契約またはその一部については、相手方の書面による事前の同意がなければ、譲渡できないものとする。同意なしになされた譲渡は無効とする。

 当然ですが、契約締結に至る大きな理由は、契約の相手方が信用に足りると考えるからです。ところが、仮に相手方が自由に契約を譲渡できるとなると、契約当事者にとって重大な事態となります。契約相手先が変われば履行能力や履行の誠実さに重大な疑義が生じることがありますし、相手方の所在地によっては契約の履行のためのコストが変わってくることもありえます。

 また、万が一、契約を譲り受けた会社が自社のライバル企業であった場合、自社の営業秘密が競業他社に漏れてしまうという想定外の事態も発生しえます。

 それで、英文契約においては、「相手方の事前の書面による承諾がない限り」譲渡できないという形で、一般的に譲渡を禁止し、移転を許可するか否かは個別に判断するという規定とすることが最も多いといえます。

 他方、一定条件で契約譲渡を認めるという規定の仕方もあります。例えば、親会社から子会社へ、または子会社から親会社への譲渡は例外的に自由とするという規定が考えられます。また、譲渡後も、従前の契約当事者が、譲渡後の当事者と同様に履行の責任を負担し続けるといった条件を付すことによって譲渡を認める(重畳的債務引受)、という規定の仕方もあるかもしれません。

 あるいは、契約の譲渡は相手方の承諾を条件とするものの、事業譲渡等のM&Aに伴う譲渡の場合、相手方は合理的な理由がなければ承諾を拒否することができないといった規定の仕方もあります。

 それで、契約の譲渡に関する規定についても、契約の実行段階に起こりうる事態を想定、契約譲渡条項の内容を検討することが重要といえます。



契約法務 弁護士費用自動見積のご案内


 弊所の弁護士費用のうち、以下のものについては、オンラインで自動的に費用の目安を知ることができます。どうぞご利用ください。

弁護士費用オンライン自動見積ページに移動する

  • 英文契約・和文契約のチェック・レビュー
  • 英文契約・和文契約の翻訳(和訳、英訳)


メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


Copyright(c) 2015 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.