HOME >  取扱案件解説 >  M&A・事業再編 取扱内容詳細 >  目次 ポイント解説 M&A・企業提携 >  合弁会社・合弁契約をめぐる法務の解説

合弁会社・合弁契約をめぐる法務の解説

<ここからM&A・企業提携関連のページを検索できます>

合弁契約の概要・特徴

合弁会社と合弁契約の概要

 本ページでは、企業間の提携を進める方法として広く活用されている、合弁会社と合弁契約のアウトラインと関連する法務について解説します。

 合弁会社とは、通常は、共同で事業を行うことを目的として、複数の企業が各自資本を拠出して共同の株主となって設立・運営される会社をいいます。

 そして、合弁契約は、合弁会社の組織や運営の基本的事項、及び各株主の役割と権限の内容、株主間の基本的な取り決めについて定めるために締結される契約です。

合弁契約の名称

 契約書の名称としては、「合弁契約」が使われる他、会社を共同所有する株主間の法律関係を規律するという視点から、「株主間契約」という名称が採用される場合もあります。

合弁契約の特徴

 合弁契約の特徴としては、以下のようなものがあります。

資本多数決とその原理の修正

 通常、株式会社は、株主総会における議決権比率がものを言う、資本多数決の原理で運営されれます。

 しかし、合弁契約によって、この原理が修正されることが少なくありません。すなわち、少数出資当事者が提供する経営資源の重要性、合弁当事者間の協力関係の維持の観点から、一定の事項に関しては、出資比率にかかわらず合弁当事者の意向が反映されるような工夫がなされます。

 また、取締役会の構成メンバーについても、総人数とともに各合弁当事者が指名できる人数を定めることが一般的です。

合弁会社と株主当事者との関係の規定

 合弁会社の維持のために合弁当事者と合弁会社との間の権利義務を定めます。例えば、合弁会社の目的の妨げにならないよう、競業の制限を定めることがあります。

 また、合弁当事者間の関係についても種々の規律が定められます。例えば、株式譲渡の制限や一方当事者の優先買取権等です。また、不幸にして合弁関係を解消する必要も生じないとは限りませんので、合弁解消事由や、合弁からの撤退事由・手続も定められます。

合弁契約において考慮すべき事項

 以下、合弁契約を進めるにあたり考慮・決定すべき主たる事項や考慮要素について解説します。

合弁会社の目的

 何のために合弁会社を設立するのか、合弁会社の事業の目的などを明示します。

出資比率

 前述のとおり、株式会社においては、資本多数決の原理、つまり株主総会における議決権の過半数などの決議によって重要事項が決定され、これに基づき経営がなされます。

 例えば、株式の過半数を持つ株主は、取締役の選任や解任の権限、その他会社経営の重要事項について決定権限を有します。また、所有割合が3分の2以上の株主は、株主総会の特別決議という形で、定款変更を含めた会社の重要事項のほとんどを決定する権限も持つことになります。

 そしてその「資本多数決の原理」は、合弁会社においても基本的に変わりません。それで、合弁会社においても、各株主の出資比率は基本的かつ重要な事項であって、十分に協議して決定すべき事項です。

合弁会社の機関設計・役員構成

 合弁会社の機関設計として、代表取締役の人数、取締役の人数、取締役会設置の有無、監査役や監査役会設置の有無、その他の機関を定めます。

 また、多くの場合、各合弁当事者が指名する役員の人数を合弁契約において定めます。この人数は、通常、各合弁出資者の出資比率に応じて定められますが、必ずしもそうしないといけないわけではありません。

重要事項についての意思決定

問題の所在

 前述のとおり、株式会社における重要な事項は株主総会における多数決で決定されるため、合弁契約で何の定めもなければ、出資比率が51:49であっても、多数派の合弁当事者の意向のみが反映される結果になりかねません。

 そこで、少数派の合弁当事者の意向が反映させる取り決めを設ける工夫がなされることが多く見られます。

合弁契約において当事者間の合意を要する事項を定める方法

 その一つの方法は、合弁契約において、合弁会社の一定の重要な事項の意思決定に関しては、議決権比率にかかわらず合弁当事者の合意で決定するという規定を定めることです。

 この場合、どんな事項を当事者間の合意事項とするか、合弁会社の機動的な経営と、少数派合弁当事者の意向の反映という両者のバランスを取りながら、慎重な検討と交渉が必要となります。

取締役会の決議要件を加重する方法

 定款に定めを置けば、取締役会の決議要件を加重することができます(会社法369条1項[カーソルを載せて条文表示])。

 それで、例えば取締役会の構成員が5名で、少数合弁当事者から取締役を2名出しているという場合に、取締役会の決議は取締役の3分の2以上が出席し、その出席した取締役の3分の2以上の賛成によると定款に規定するとします。そうすると、少数合弁当事者が指名した取締役の賛成がないと取締役会の決議が成立しないことになり、少数合弁当事者の意向が反映されることになります。

 


 このページは執筆中です。加筆次第随時公開します。

 
 

契約法務 弁護士費用自動見積のご案内

 弊所の弁護士費用のうち、以下のものについては、オンラインで自動的に費用の目安を知ることができます。どうぞご利用ください。

弁護士費用オンライン自動見積ページに移動する

  • 英文契約・和文契約のチェック・レビュー
  • 英文契約・和文契約の翻訳(和訳、英訳)

M&A解説・企業提携解説の目次に戻る



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


M&A・企業提携 メニュー

Copyright(c) 2019 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.