HOME >  取扱案件解説 >  取扱案件詳細・解決事例~商標法 >  目次 商標法ポイント解説 >  2.1 商標出願・登録にかかる期間~解説商標法

2.1 商標出願・登録にかかる期間~解説商標法

<ここから商標法関連ページを検索できます>

II-2 商標出願・登録にかかる期間

商標出願から登録までは、およそどの程度の期間がかかるでしょうか

 結論的には、おおむね4~8ヶ月程度で登録となることが多いと考えられます。ただし様々な要因により、これより長くなることがあります。

早期に商標を登録できる場合はあるでしょうか

 早期審査制度という制度があり、一定の場合、この制度の活用を検討できます。早期審査の対象になると判断された場合には、通常、2ヶ月程度で審査が完了します。

 早期審査が活用できる場合の一つは、例えば出願人・ライセンシーが出願商標を現に使用していたり、使用の準備を相当程度進めているときであって、権利化について緊急性を要すると認められる場合です。またこの「権利化について緊急性を要する出願」と認められる場合とは、以下の各事項のいずれかに該当する場合をいうとされています。

  • 第三者が、許諾なく、出願商標と同一又は類似の商標を使用していたり、使用の準備を相当程度進めている場合
  • 出願商標の使用について、第三者から警告を受けている場合
  • 出願商標について、第三者から使用許諾を求められている場合
  • 出願商標について、出願人が日本以外の特許庁等の機関にも出願している場合
  • その他、権利化について緊急性があると認められる場合

 

前のページ 永年使用による特別顕著性 ┃ 次のページ 拒絶理由通知・拒絶査定への対応

 

メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


商標法 メニュー

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.