HOME >  取扱案件解説 >  取扱案件詳細・解決事例~商標法 >  目次 商標法ポイント解説 >  1.4 書籍の題号と商標登録~解説商標法

1.4 書籍の題号と商標登録~解説商標法

<ここから商標法関連ページを検索できます>

書籍の題号は登録できますか

 商標は、その商品・サービスを見分ける印であり、他の商品・サービスとを見分ける機能を有するものです。それで、一般に書籍の題号は、その書籍の内容を示すものではあっても、他の商品としての書籍と見分ける機能は有していないため、登録を受けることができないと解されています。

 例えば、志賀直哉著の「暗夜行路」は、文庫本としては新潮社と角川書店から出版されています。ですから、「暗夜行路」という書籍の題号だけでは、新潮社の出版している商品と角川書店の出版している商品を区別する機能はないわけです。

 もっとも、興味深いことにある書籍の題号が商標登録されているように見えます。例えば、「永遠の0(ゼロ)」については、4件の登録がなされています(登録5602046、登録5692813、登録5704728、登録5754022)。しかしこれらの商標の指定商品の中に、書籍そのものは見当たらず、図書に関係するものとしては、「電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,図書の貸与、書籍の制作」(登録5602046)、「定期刊行物」(登録5692813)が含まれる程度になっています。

登録商標と他者の書籍の題号への禁止権行使の可能性

 また仮に、例えば指定商品を「書籍」などとして、ある題号について商標の登録ができたとしても、これをもって、同じ題号又は類似の題号で書籍を出版する第三者に対して商標侵害を主張できるかは、また別問題です。この点については、「商標権侵害の考え方~商標としての使用とはいえない場合」のページをご覧ください。

定期刊行物の題号の登録可能性

 他方、一般に、新聞・雑誌等の定期刊行物の題号は、原則として、商標登録が可能とされています。それは、同じ題号であっても内容が毎回異なるため、題号がただちに内容だけを表すとはいえず、その定期刊行物を他の定期刊行物と見分ける機能を有することがあるからです。

 例えば「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」といった新聞は、毎日各新聞紙の題号で発行されます。しかし、その内容は様々であり、日々変わります。つまり、新聞の題号自体から、新聞の内容をただちに表示するものではなく、むしろ、題号自体が、定期刊行物という商品について、他社の商品と見分ける機能を持っている、というわけです。

 もっとも、定期刊行物の題号であっても、他の商標登録の要件が満たされなければならないことはいうまでもありません。
 

前のページ キャッチフレーズと商標登録 ┃ 次のページ 登録できない商標

 

メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


商標法 メニュー

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.