HOME >  取扱案件解説 >  取扱案件詳細・解決事例~商標法 >  目次 商標法ポイント解説 >  1.1 効果的な商標の選択~解説商標法

1.1 効果的な商標の選択~解説商標法

<ここから商標法関連ページを検索できます>

I-1 効果的な商標の選択

 本稿では、効果的な商標の選択にあたっての考慮要素を簡単にご説明します。

商品の特徴・種類・内容を暗示させる商標

 まず、その商品の特徴・種類・内容を暗示させる商標が、多くの場合好まれて 使用されています。このネーミングの特徴は、消費者が商品・サービスの特徴を比較的短期間に記憶しやすい という点にあります。

 それで、商標が短期間使用される予定のものである場合、今まで世の中になかった画期 的な技術又は機能を採用した、又は同様の商品がなかったという場合に、このネーミングを用いると効果的で しょう。

 特に後者の場合、ブランドの管理を怠らなければ、競業者から多くの同種の商品が出ても、同種の商 品を表す代名詞として消費者の間に浸透し、大きなメリットをもたらします(例 宅急便、ウォークマン)。

 ただし、商品の性質・特徴・用途を直接示す言葉は、「記述的商標」として、登録を受けることができません ので注意が必要です。

全くの造語、商品・サービスと関係のない普通名詞

 また、全くの造語、商品・サービスと関係のない普通名詞(例 トマト銀行)も、響き・デザインが良いものであれば、顧客を 引き寄せる力を持ちます。

 これは、最初は商品・サービスの特徴を連想させる力がない点では弱い商標ですが 、使用すればするほど、また宣伝の強化によって、強いブランドに育てることができます。それで、長期的に使用する予定の商標によく用いられます。

有名なキャラクター、奇抜なネーミング等

 その他、有名なキャラクターの名前、有名人の氏名・肖像なども、顧客を引き寄せる力は強い商標です(例 タクシーにキティちゃんの名前を付す)。もちろん権利者の許諾が必要です。

 また、商品自体がすでに世の中にあって人々がよく知っているものである場合、 また、消費者に強く印象付けるため、また、消費者の目を引くように、奇抜なネーミングが 採用されたりします。

 どんな商標がよいか、弁理士などに相談してみるとよいでしょう。
 

次のページ 商号と商標登録

 

メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


商標法 メニュー

Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.