株主総会議事進行例(議事進行シナリオ)

<ここから会社法・M&A関連のページを検索できます>

本ページでは、株主総会の具体的な進行について、シナリオ例をご紹介いたします。なお、登場する人名は架空のものです。

総会の議事進行全体の流れ

 定時株主総会の進行アウトライン(一括上程方式)の一例です。当然ながら議案の内容は、ケース・バイ・ケースで異なります。

議長就任 社長 社長が議長に就任
開会宣言 議長 第12期定時株主総会の開会宣言
ルール説明 議長 議事進行上のルール説明
株主数報告 議長 本総会の議決権株式数及びその株主数を報告
充足宣言 議長 定足数を満たしていることを宣言
監査報告 監査役 監査報告
営業報告 議長 営業報告書の説明、貸借対照表、損益計算書の説明
議案上程
  報告事項 計算書類
  1号議案 株主配当の承認
  2号議案 役員の選任
  3号議案 退職慰労金
審議方法 議長 一括審議方法によることの了承
10 質疑応答 議長 質疑応答
11 第1号議案 議長 利益処分案の承認
12 第2号議案 議長 取締役の選任
13 第3号議案 議長 退職慰労金贈呈の承認
14 終了宣言 議長 全目的事項の終了
15 新取締役紹介 新取締役 挨拶
16 閉会宣言・退場 議長・役員 総会の閉会を宣言・退場

株主総会の議事進行~各セクションごとの例

役員入場

【役員の入場】
 (役員一同 株主席のほうに一礼)
 (役員一同 着席)

【係員】 定刻になりましたので、社長、議長席の方へお願い致します。

【社長】 (議長席に着き株主席のほうに一礼)
(株主 拍手)

【社長】 おはようございます。
(株主 おはようございます。)

議長就任

【社長】 社長の山本でございます。本日は、本日は何かとご多用中のところ、株主の皆様には多数ご出席くださいまして、誠にありがとうございます。当社定款第××条の定めによりまして、私が議長を務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします[解説]

(株主 拍手)

開会宣言等

【議長】 それでは、ただいまより、第12期定時株主総会を開会いたします。本日の会議の目的事項といたしましては、お手元の招集ご通知に記載してありますとおりでございます。

ルール説明

【議長】 なお、議事の秩序を保ちますため、議事の進行につきましては、議長である私の指示に従っていただきますようお願い申し上げます。また株主様のご質問ならびご発言につきましては、監査役の監査報告、営業報告、貸借対照表および損益計算書の報告、決議事項の議案の内容説明が終了した後に、私の指示に従ってなされますようお願いいたします。

(株主 拍手)

株主数・議決権の個数等の発表

【議長】 それでは、本総会におけるご出席株主数、ならびにその株式数をご報告申し上げます。本総会におきまして議決権を有する株主数は×××名、その議決権個数は××××個でございます。本総会にご出席の株主数は、委任状をご提出いただきました方を含め○○○名、その議決権個数○○○○株でございます。

【議長】しがいまして、本総会の定足数の定めのある各議案を審議するために必要な定足数を満たしておりますことをご報告申し上げます。

(株主 拍手)

監査報告

【議長】 それでは、営業報告ならびに各議案の審議に入ります前に、監査役会より監査報告をお願い致します。長冨監査役どうぞ。

【監査役】(起立し、株主席に向けて一礼)常勤監査役の長冨でございます。監査役会を代表しまして、私から監査報告をさせていただきます。当監査役会は、第12期における取締役の業務執行全般について監査を行ってまいりました。まず会計監査人である津田監査法人の会計に関しての監査方法およびその結果につきましては相当であります。また、会計以外の業務につきましても、法令・定款に適合いたしており不当な事実・事項はございません。また、本総会の各議案および書類に関しましても、法令・定款に違反する事項および不当な事項はございません。以上、ご報告申し上げます。

営業報告

【議長】それでは、平成○年○月○日から平成○年○月○日までの第12期の営業報告書についてご報告申し上げます。お手元の「第12期営業報告書」をご覧下さい。その概略につきまして、ご説明申し上げます。(説明する)

【議長】次に、貸借対照表の内容につきましてご説明申し上げます。お手元の招集ご通知の○頁をご覧いただきますようお願い申し上げます。(説明する)

【議長】次に、損益計算書の内容につきましてご説明申し上げます。お手元の招集ご通知の○頁をご覧いただきますようお願い申し上げます。(説明する)

全決議事項の説明

【議長】 続きまして、第1号議案から第3号議案までの各議案を上程させて頂きますとともに、その内容につきましてあらかじめご説明申し上げます。決議事項につきましては、お手元の招集ご通知記載のとおりであります。

【議長】第1号議案につきましては、期末における株主配当金につきまして 1株につき●円とすることをお諮りするものであります。お手元の書類×頁をご覧下さい。
利益処分案と致しまして、
利益準備金××億円
利益配当金××億円これは、1株当たり普通配当を●円とするものでございます。
別途積立金××億円
利益処分額合計××億円
次期繰越利益××億円とするものでございます。

【議長】 次に、第2号議案につきましては、(以下略)。以上のとおりご提案申し上げます。

一括審議方法によることの了承

【議長】それでは、この後の進行方法につきましては、報告事項ならびにすべての決議事項について株主の皆様からの質問・ご意見・動議を含めた審議に関する一切のご発言をお受けいたします。その終了後は、決議事項につき採決のみをさせて頂きたいと存じますが、ご異議ございませんでしょうか。

(株主 拍手  異議なし)

【議長】ありがとうございました。では、過半数のご賛同を得ましたので、この方法で行なうこととさせていただきます。なお、ご質問・ご発言に当たりましては、挙手をして頂き、私が指名しましたら、最寄のマイクをご使用の上、ご自分の出席票番号とお名前をおっしゃっていただいた上で、要点を簡素に、ご発言されますようお願い申し上げます。

 なお、具体的ではないご質問、会議の目的と関係ないご質問、説明することにより株主共同の利益を著しく害するご質問、お手元の書類に既に記載のあるご質問、会社の会計帳簿等を見なければお答できない詳細な事項についてのご質問につきましては、誠に恐縮ではございますがお答えいたしかねますので、ご了解のほどお願い申し上げます[解説]

 質問審議を終了しました後は、ご発言はお受けできませんので、ご発言を希望される株主様はすべてこの機会にお申し出頂きますようお願い申し上げます。それでは、どなたかいらっしゃいますか?

質疑

【株主】 (挙手)

【議長】(挙手している人を指し示し)、そちらの株主様、出席票の番号と名前をおっしゃってください。

【株主】201番の達川です。●●につき、質問します。

【議長】ただいまのご質問につき、ご回答申し上げます。(略)以上、ご説明申し上げました。

【議長】(挙手している人を指し示し)、そちらの株主様、出席票の番号と名前をおっしゃってください。

【株主】20番の北別府です。●●につき、質問します。

【議長】 その件につきましては、担当取締役の方からご説明申し上げます。衣笠取締役どうぞ[解説]

【衣笠取締役】取締役の衣笠でございます。ただいまのご質問にお答えいたします。(略)以上、ご説明申し上げました。

【議長】(挙手している人を指し示し)、そちらの株主様、出席票の番号と名前をおっしゃってください。

【株主】143番の江藤です。株主配当についてですが…(略)

【議長】 その件につきましては、第1号議案である株主配当に対する修正動議のご提出というご趣旨でしょうか。

【株主】そのとおりです。

【議長】(事務局を見る。メモがでる。)ただいま株主様より、株主配当に関して修正動機が提出されました。これにつきましては、株主の皆様にご審議賜った上で、採決に関しましては、原案とあわせて取り扱いたいと存じます。

【議長】(挙手している人を指し示し)、そちらの株主様、出席票の番号と名前をおっしゃってください。

【株主】67番の金本です。(以下略)

【議長】 ただいま67番の株主様から議長不信任の動議が提出されました。私は、定款の定めに従って議長を務めさせていただき、公正に議事を進行しておりますので、ご指摘は当たらないものと考えておりますが、株主の皆様いかがでしょうか。

(株主 異議なし 賛成 拍手)

【議長】ありがとうございました。ただいまの動議は否決されましたので、このまま議事を進めさせて頂きます。

【議長】 他に質問はございませんでしょうか? 質問のある方は挙手をお願い申し上げます。

(株主から特に挙手なし)

【議長】 これ以上のご質問はないものの存じます。たくさんのご質問を頂きまして、ありがとうございました。報告事項ならびに決議事項に関し、十分質疑を尽くしましたので、ここで質疑を打ち切り採決に移りたいと思いますが、よろしいでしょうか[解説]

(株主 拍手 異議なし)

【議長】 賛成過半数と認め、議案の採決に移らせていただきたいと存じます。

第1号議案の採決

【議長】 それでは、先ず第1号議案、期末における株主配当金の採決を致します。

(事務局が紙を差し出す。)また、本議案につきましては、先ほど、株主様より、株主配当金を1株あたり×円とする議案修正の動議が提出されております。つきましては、第1号議案に関しては、会社提案の原案から先にお諮りしたいと思いますが、よろしいでしょうか。

(株主 拍手 異議なし)

【議長】それでは、会社提案の原案の採決を致します。会社提案の原案にご賛成の方、拍手をお願い申し上げます[解説]

(株主 異議なし 賛成 拍手)

【議長】 ありがとうございました。本議案は、賛成多数により会社提案の原案のとおり承認可決されました。したがいまして、先ほど提出された修正動議は、会社提案の原案の可決により否決されました。

(株主 拍手)

第2号議案の採決

【議長】 第2号議案の採決に移らせていただきたいと存じます。原案にご異議ございませんか。

(株主 異議なし 賛成 拍手)

【議長】 ありがとうございました。過半数のご賛同を得ましたので、本議案は原案通り承認可決されました。

(株主 拍手)

(中略)

審議終了

【議長】 以上で、本日の目的事項はすべて終了しましたが、この場をお借りしまして、新取締役の紹介をさせていただきたいと存じます。新取締役佐々岡さんどうぞ。

新取締役紹介

【新取締役佐々岡】 (起立し、株主席のほうに対し一礼)佐々岡でございます。よろしくお願い致します。(株主 拍手)

閉会宣言

【議長】 以上をもちまして、本総会は閉会と致します。本日は、誠にありがとうございました。(株主席のほうに対し一礼)

(役員全員起立し、株主席のほうに一礼、退場)



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


会社法 メニュー

Copyright(c) 2016 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.