採用と雇用~内定を巡る問題

内定の取消し

採用の内定をしましたが、これを取り消すことができますか。

採用内定が、「労働契約が成立した」と いえる程度になった場合は、合理的な理由がなければ、内定取消 はできません。

たとえば、(A)入社日の通知、(B)勤務場所や身分など各種労働条件を提示した、(C)誓約書など必要書類の提出を求めた、(D)その他、採用が確定した旨の意思表示を したなどの事実があり、雇用者が採用予定者に採用に向けた手続きを求めたときには「労働契約の成立」があったと認められることが多いといえます。

他方、「採用予定」としか述べておらず、上記のような事実がなければ、「労働契が成立した」とはいえない場合が多いと考えられます。

採用内定の取消が許される合理的な理由の例

合理的な理由がなければ、内定取消ができないとされた場合に、どのような理由であれば合理的な理由となり得るでしょうか。主に次のようなものがあるといわれています。

◆ 提出書類につき、重要な事実に虚偽があった
◆ 採用予定者の重大な非行や犯罪
◆ 就職希望者の卒業延期
◆ 就労にたえられないような著しい健康状態の悪化

そして、上記のような合理的な理由は、一般的には、採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実でなければならないとされています。



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.