労働者の義務~転勤・配転

転勤をめぐる諸問題

転勤命令の可否と根拠

 転勤を命じるには、労働契約、就業規則、又は労働協約などに、「業務上の必要があれば、転勤を命じる」などと記載されている等の根拠が必要となります。

 また、就業規則等で転勤を命じることができる旨定められていても、会社と労働者との間の労働契約で、勤務地域を限定する約束がある場合には、それに反する転勤には、労働者の同意が必要となります。

転勤命令が権利の濫用に当るとされる場合

 転勤命令に就業規則上の根拠があるとしても、ある場合、転勤の命令が会社の権利の濫用にあたる、と判断されることもあります。

 簡単にいえば、業務上の必要性と、転勤により労働者が被る不利益とを比較し、不利益の程度が著しい場合、権利濫用となる可能性があります。

 例えば、単身赴任しなければならないケース、重病の家族の介護等をしなければならないケースなど、労働者の生活上の不利益がある場合には、当該転勤に関する不利益と業務上の必要性と比較されます。さらに、会社がどんな負担軽減措置、代償措置を取っているかも、判断の要素となります。

配転をめぐる諸問題

結婚を理由とした配置転換

 結婚を理由とした配置転換が行われることは多いようですが、結婚を理由とした配置転換が、女性のみを対象として行われることは、男女雇用均等法に抵触し、権利の濫用にあたる可能性があります。



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.