使用者の義務~安全配慮義務

安全配慮義務とは何か

 労働安全衛生法は、会社に、職場の安全や労働者の健康に配慮する義務を課しています。安全配慮義務違反があれば、罰則があるほか、労働者本人又はその遺族等から高額の損害賠償の請求を受ける可能性もあります。

安全配慮義務の具体的内容

以下、安全配慮義務の具体的な内容として、主なものを見てみます。

(1)安全衛生管理組織・体制の確立

職場の規模に応じて、安全管理者、衛生管理者、産業医などを配置する

(2)労働者の危険や健康障害の防止措置

危険防止措置(機械による危険、作業方法による危険、作業場による危険)、事故が起きたときの救護施設の点検、健康障害防止措置

(3)機械の検査や有害物の規制

特定機械等に関する規制、有害物に関する規制を実施する。作業機械の定期メンテナンス、有害物を扱う場合の使用限度等を定める。重機や機械を扱う場合は免許保持者や有資格者を就業させる。

(4)健康保持への措置

定期健康診断の実施、作業場の環境測定、就業時間等

具体的には、年1回の健康診断を行う義務があります。特定化学物質や有機溶剤を扱う職場では6ヶ月に一回の検診となります。そして、検診の結果、労働者の健康が損なわれていることが判明した場合は、就業場所や業務内容の変更、就業時間の短縮などの措置を講じる必要があります。

(5)快適な職場環境の形成

事務所、トイレ、休憩所などの整備



法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。



メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


Copyright(c) 2013 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.