オープンソースソフトウェアの概要

以下の検索ボックスを利用して、IT法務関連のページから検索できます。

前のページ システム保守契約 ┃ 次のページ 秘密保持契約の解説


 

オープンソースのアウトライン

オープンソースとは

 まず、OSS(オープンソース・ソフトウェア)とはどのようなものをいうのでしょうか。非常に簡単にいえば、ソースコードが公開され、自由に改変ができ、自由な再頒布が認められているソフトウェアです。

 他方、OSSといくぶん似たものに「フリーウェア」があります。フリーウェアは無料で使用できる点はOSSと似ていますが、フリーウェアの場合、ソースコードの公開は必須ではなく、改変や再頒布を許すか否かも作者が決めることができるという点で大きく異なります。

 しかし注意しなければならないのは、オープンソースソフトウェアについては、著作権は放棄されていない、という点です。著作権が放棄されたソフトウェアなら、第三者がどのように使っても自由ですが、著作権が放棄されていないからこそ、原作者の定めるライセンス条件に従う必要があるわけです。

オープンソースの基本的な条件

 オープンソースの基本的な条件については、オープンソース・イニシアティブ(OSI)というオープンソースを促進している米国の団体の定義(オープンソースの条件)が役立ちます。

 以下、重要な点の要旨をご説明します。ただし、それぞれの条件の詳細は、無数にあるといわれる個々のOSSライセンス条件によって異なってきますので、ご注意ください。また、以下はすべてを網羅しているわけではありません。

再頒布の自由

 オープンソースソフトウェアについては、再頒布の自由が保証されている必要があり、第三者の再頒布に対して料金や報酬を課すことはできません。

 ただし、自分自身の頒布については有償での頒布(つまり販売)も禁止されてはいませんが、その頒布先(購入者)が無料で再頒布することは禁止できません。

ソースコードの公開

 オープンソースソフトウェアについては、ソースコードが公開されている必要があります。

 オープンソースソフトウェアの頒布については、コンパイル済の実行形式とともにソースコードでの頒布も許可されている必要があります。

 この点、何らかの理由でソースコードが頒布物に含まれない場合、インターネットでの無料ダウンロードできるようにするなど、ソースコードを無償で、又はその複製に要する妥当なコスト程度の費用で入手できるようにする必要があります。またその入手方法を明示する必要があります。

派生ソフトウェア

 頒布するソフトウェアについては、その変更と派生ソフトウェアの作成を許諾する必要があり、また、派生ソフトウェアを、原ソフトウェアと同じライセンスで頒布することを許諾する必要があります。

差別の禁止

 ライセンスにおいて、特定の個人、団体、グループを差別してはならないとされています。また、特定の分野に対し、ライセンスを制限することも許されていません。

他のソフトウェアの制限の禁止

 当該ソフトウェアとともに、どんなソフトウェアを頒布するのかについて、制限を設けることはできません。例えば、同じ媒体で頒布する他のすべてのプロ グラムがオープンソースソフトウェアであることを要求するなどはこれに含まれます。

OSSライセンスの種類

 前述のとおり、OSSライセンスの数は世界中に無数にありますが、ライセンス条件の制約の強弱で大きく数個のグループに分けると言われています。以下、ラフではありますがグループごとの特徴をご説明します。またこれらの特徴は個々のライセンスによって異なることがありますし、すべてを網羅しているわけではありません。

最も伝搬性の強い「コピーレフト」タイプ~GPLタイプ

 GPL(GNU General Public License)、AGPL(GNU Affero General Public License)などに代表されるグループであり、伝搬性の最も強い「コピーレフト型」とも言われています。

 このグループでは、ソフトウェアの再配布の自由、改変と改変物の配布の自由が保証されている必要があります。また第三者がソースコード(改変後のソースコードも含め)を入手できるよう公開されていなければなりません。また、GPLソフトウェアをその一部に使用したソフトウェアについては、当該GPLソフトウェアの派生物として、GPLが適用されることになるなど、最も制約の強いライセンス条件です。

 注意が必要なのは、GPLによって提供されるライブラリへのリンクです。この点、静的リンクは派生物としてみなされることが一般的です。他方、動的リンクについては派生物とみなさないという考え方、同一プロセスで動作するものは動的リンクでも派生物であるとする考え方もあります。

 また、GPLで提供されるOSS又はその改変物を使用してネットワーク上のサービスを提供する場合、そのサービスをネットワーク経由で利用するユーザは、ソースコードへアクセスする権利を持つとは解釈されていません。他方、GNU AGPL (GNU Affero General Public License)においては、こうした場合にもユーザにはソースコードにアクセスする権利を認める必要があります。

 以上のほか、著作権表示を保持する義務、無保証といった特徴があります。

伝搬性を緩めた「準コピーレフト」タイプ~MPLタイプ

 GLPよりも制約の緩い、コピーレフト性を弱めたライセンスです。MPL(Mozilla Public License)などがあります。

 このグループでも、ソフトウェアの再配布の自由、改変と改変物の配布の自由が保証されている必要があります。また MPLで提供されるOSSを改変した場合には、そのOSSと同じライセンスを適用しなければなりません。

 他方、オリジナルのコードがOSSと別ファイルであり、OSSのライブラリとリンクするだけなら(少なくとも動的リンクの場合は)、当該オリジナルのコードはMPLライセンスには拘束されません。

 以上のほか、MPLにおいては、ライセンサーは、OSS に含まれる特許権などの知的財産権を、ライセンシーに対して無償でライセンスする必要があるという点が特徴です。

「非コピーレフト」タイプ~BSDタイプ

 「非コピーレフト型」といわれるライセンスです。その中には、Apache License、BSD Licens、MIT Licenseがあります。

 このタイプの大きな特徴は、OSSのライセンシーに対し、ソースコードの開示や再配布を求めない点にあります。つまり、オブジェクトコードのみの再配布でも許されるという意味です。ただし、再配布の際には、ライセンス本文、著作権表示、Disclaimer条項を含める必要があります。

 また、このタイプのライセンスの中には、ライセンサーが、OSS に含まれる特許権などの知的財産権を、ライセンシーに対して無償でライセンスする義務を課す条項が含まれる場合もあります。

 さらに、多くのライセンスは、無保証や損害賠償等についての免責を規定しています。

  
本稿は作成途中です。加筆し次第おって公開します。

 


前のページ システム保守契約 ┃ 次のページ 秘密保持契約の解説



契約法務 弁護士費用自動見積のご案内


 弊所の弁護士費用のうち、以下のものについては、オンラインで自動的に費用の目安を知ることができます。どうぞご利用ください。

弁護士費用オンライン自動見積ページに移動する

  • 英文契約・和文契約のチェック・レビュー
  • 英文契約・和文契約の翻訳(和訳、英訳)




法律相談等のご案内


弊所へのご相談・弊所の事務所情報等については以下をご覧ください。

面談法律相談ご案内  事務所紹介
顧問弁護士契約のご案内  弁護士紹介

メールマガジンご案内

弊所では、メールマガジン「ビジネスに直結する判例・法律・知的財産情報」を発行し、比較的最近の判例を通じ、ビジネスに直結する法律知識と実務上の指針を提供しております。

学術的で難解な判例の評論は極力避け、分かりやすさと実践性に主眼を置いています。経営者、企業の法務担当者、知財担当者、管理部署の社員が知っておくべき知的財産とビジネスに必要な法律知識を少しずつ吸収することができます。 主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。メルマガの購読は無料です。ぜひ、以下のフォームからご登録ください。

登録メールアドレス    

バックナンバーはこちらからご覧になれます。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

ご注意事項

本ページの内容は、執筆時点で有効な法令に基づいており、執筆後の法改正その他の事情の変化に対応していないことがありますので、くれぐれもご注意ください。

 事務所案内
 弁護士紹介


メールマガジンご案内


メールマガジン登録
「ビジネスに直結する
判例・法律・知的財産情報」


登録メールアドレス    


IT・ソフトウェア メニュー

Copyright(c) 2017 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜)  All Rights Reserved.